当店で使用している刺繍機などの設備の一部をご紹介。



当店で使用している様々な設備を、一部ではございますがご紹介します。
質の高いワッペンやエンブレムを作成するためには、質の高い機械が必要不可欠です。


刺繍機

TMEX-C1201

1頭の電子刺繍機で、12色まで自動で刺繍することが出来ます。
様々な刺繍の要求に応えられる優れもので、 主に、小ロットのワッペンやサンプル等を刺繍する際に使用します。
筒型仕様のため、トレーナー、Tシャツ、帽子、リストバンド等に、直刺繍することも出来ます。
刺繍の範囲は、コンパクトサイズにもかかわらず、最も大きいサイズ(450x520mm)を扱うことができます。

TMEF904

4頭の電子刺繍機で9色まで自動で刺繍することが出来ます。
刺繍範囲は4頭使用で(500x275mm)、2頭使用で(500x550mm)です。
この機械は、20〜50枚程度の中ロットの生産用です。

TMEF912

大型12頭電子刺繍機で、9色まで自動で刺繍することが出来ます。
刺繍範囲は4頭使用で(500x345mm)と少し狭いですが、 多頭機生産により、量産時の納期短縮・コスト削減を実施しております。
この機械の、1度に12枚刺繍をしている様子は圧巻です!
大量注文いただけた場合に値段をお安く出来るのは、この機械がある為です。


裁断機(カット機)

HF500

ワッペンの土台になるマーク生地の イラストレーター等で製作したアウトラインを、自由にカットする機械です。
複雑な形でも問題なくカットします。

OHC800

この機械は、金型抜き機です。
金型で圧力を掛けて生地を抜きます。切断面は鋭く綺麗に仕上がります。


プレス機

HP-4536A-12

この機械で、ワッペンにアイロン接着フィルムを付けたり、 製品にワッペンを熱圧着で取り付けたりします。
モーター駆動方式の全自動型の機械のため、容易に能率向上が図れます。
テフロン加工のアルミゴテ使用により、温度ムラが少なく、仕上がりがキレイになるのが特長です。

帽子用熱圧着プレス機

従来の帽子プレスとは異なり、各種帽子の形状に適合した専用コテを脱着出来る機械のため、圧力をかけ過ぎた時に発生するプレス跡も防止でき、完全な転写が可能なすぐれものです。